« 気になるあの子 | トップページ | おいしぃ時間 »

2007年5月29日 (火)

強く優しく

つぃ先日のこと、とある自転車置き場でやってしまった「将棋倒し」
いつぶり?な失態にテンパり焦った私は、その場を去りたい衝動を抑え、一刻も早く元に戻すべく渾身の力を振り絞り自転車と格闘。
が、冷静さを欠いた状態だからなのか、なかなか思うようには進まない。

“えぇ~~ん、もぅイヤっ!!”
ちょっと泣きそうになったその時、背後から掛けられた優しい言葉「大丈夫?」

“やった!救世主登場!?”
瞬時に振り向いた私の目に飛び込んだのは、80も超えようかと思われるほどの老婦人。
さすがに“助けは乞えまぃ”と思った矢先、なんとその老婦人はすでに自転車を起こそうと悪戦苦闘の真っ最中。

“うそでしょ??”
ビックリした私は「大丈夫ですよ 大丈夫ですよ」&「いぃですよ いぃですよ」を連呼。それでも作業を中断しない老婦人に、私もお手上げ

“こりゃ急いで元に戻すしかなぃな”
と腹を決め、さっきとは比べものにならないスピードとパワーでなんとか作業完了。すぐさま「ありがとうございました」(深々)と、お礼の言葉を掛ける私に、老婦人は素敵な笑顔を向けてその場をあとに...

“なんて素敵なおばぁサマ”
感動でしばしその場に佇む私を周りの人は訝しげな表情でチラ見。
失態発生時、周囲にはまばらに人が点在するも、その中で私に手を差し伸べたのは老婦人ただ一人。
彼女の行動を受けて今回私が思ったこと、それは
“当事者の私は当然恥ずかしいけども、その状況に自ら身を置く人(つまりは助け人)はなんて強く優しい心の持ち主なんだろう”
です。

“彼女のような強く優しい人になりたい”
そう思った私は“まずは行動から”と人助けに勤しむ構えで今日も街を闊歩するのでした。(ってそんな大層な・・・)

|

« 気になるあの子 | トップページ | おいしぃ時間 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。