« ひとり月例報告会 in 2007.May | トップページ | ピッカピカの感想文 »

2007年6月 2日 (土)

a seller 【春夏秋冬】

季節の替わり目、衣替えの時期に合わせて、年4回実施される洋服(靴&Bag)一斉相殺。
今や立派な恒例行事(?)となったこのEventは、やる度に無駄買い = 浪費家ぶりを思い知らされる、ちょっと苛酷な一面も持ち合わせた年間行事。(のひとつ)

が、実際のところ「相殺」ではなく「ただの損」で終わる、空しいひとり作業の実態に“これじゃあイケん”と、幾度となく反省&後悔を繰り返す私は、今季も懲りずに新/古着織り交ぜた総数9点を出品。

中袋2つに収めて、自転車コギコギいつもの古着屋さんへGo.
「コレお願いします。」
と、差し出す私。
「ハィ、ありがとうございます。」
と、受け取る店員さん。。。 “受け取りは20分後でしょ?”(はぃはぃ、了承してますよ)
既に何度も繰り返されたやり取りに、なれたもんだね!の私は余裕綽々で査定待ち。

そして、査定終了。さてさて気になる金額は.....

(うぅ~~ん、微妙な)2,480yen

安過ぎるわけではなぃけども、売ってやった感を感じるほどの金額でもなぃ、そんな中途半端な結果に気抜けした私は、ただただ機械的に手続きを済ませ、複雑(?)な心境の下、お店を後にしたのでした。(って、なんかすんごぃ尻すぼみな終わり方。。。)

|

« ひとり月例報告会 in 2007.May | トップページ | ピッカピカの感想文 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。