2010年12月 3日 (金)

3日目

江國香織さんの『 がらくた 』を読むこと。

Garakuta_2

私の一番好きな作家さんかもしれない。。。

好き?

とぃうか、感覚がとても似ている。


表現の仕様が私にとても合っている...(微笑)

ダントツは『 きらきらひかる 』

その次は『 流ししたの骨 』かなぁ....

前者・後者の“ 愛 ”は違えど、

どちらも私にとっては心寄せるものがあるかも。。。

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

瑠璃子Type

つい先日。 人生初(!?)同じ書籍を購入するという許されざるべきことをやらかしてしまった私。
他人よりも間抜けな私は、それでも殊読書に関してだけは人並みだと自負していた。。。 にもかかわらずやってしまったのだから、いかに今私のBalanceが崩れているかが窺えるんじゃない?

まぁ唯一の救いとしては、開始3ページ目にして以前読んだことを確信したくらいかな。(でも、やっぱりかなり自己嫌悪)

それでも、読み始めてしまった以上、途中で止めるなんて気持ち悪いこと出来ません!
ヤケ丸出しで乱読に方向転換。

エアロバイクをこぎながら...
カーディオマシンでツイストしながら...
            ~ Case by ジム ~

当然バス&電車の中でも立/座関係なく 読む 読む 読む。

そんなカンジの、あんま褒められたもんじゃなぃ読書形態を続けること2日目、目から鱗的な事実を発見。

どうやら私は「飢餓状態」。(満たされることがないの)

一応断っとくけど、別にお腹が減ってる訳じゃないよ?(その辺のリアルな“飢餓”とは意味が違う)
一冊の本から、読む度異なった感覚なり捉え方なりを経験することはしばしばだったのだけど、、、 ここまでの衝撃は初めて。

“もしやこれに気付くためのMistake?”

なんて、思ってみたりして。。。 結局自分の愚かさを認めたくないだけじゃんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

Viva☆勢い

お一人行動歴にじゅう×年の私。

“行きたい!”と思った所は大概躊躇うこと無く行けてたんだけど、どぅいう訳か漫画喫茶だけはなかなか踏み入ることが出来なくて。。。

それでもまぁ、さして漫画本が読みたい訳でもなかったからフラストレーションが溜まることもなく、ここ最近まではやってきたのですが、昨日辺りから急にやってきた“読みたい!”欲求。

昼過ぎまでは我慢してたんだけど、とぅとぅ限界を迎えた13:12。キレのある(?)身支度に、36分には既に身はバスの中。

発作的な行動のお陰からか“行きづらい”感覚を覚えることもなく、そのままの勢いでお店へGo.受付でまごまごすることもなく、読みたかった漫画本にもありつけて大満足の私は、久々「思い立ったが吉日生活」を体験したのでした♪

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

Beauty Project

2、3週間前位に購入していた本。

Image147 『女性の品格』

著:坂東眞理子


TVや書店で今話題のベストセラーとして紹介もされていた、そんな一冊。
強く、優しく、美しい女性になるための66の法則が記されているらしく、当たり前だけどその実、結構難しい振る舞いを具体的にアドバイスしてくれている本みたぃ。。。 (って、まだ読んでないから分かんなぃけど)

基本的にこういった類の本は私は買わない性質だったんだけど、「新書」と「話題」といぅTwo Wordsに惹かれて購入。まぁそんな単純な理由だけじゃなくて、やっぱりいち社会人且つ大人の女性としては、気にするところだったといぅのも大きな一因だよね。 ← だったら、早く読めよ!

で、本日やっと本書の読みに着手。
土曜のスタバで独り“品格”について、思いを馳せる私は既に素敵なWoman?(なんつってね)

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水)

540/540

無事今日中に読み終わりました。。。 ので、一応報告?(みたいな)

意識的に残した最終章は、そりゃまぁめくるめくの展開で、感動の大波小波状態。
ある登場人物(Z子)にシンクロしてしまった私は、バカみたぃに号泣(って、最近泣き過ぎ)
手に取るようにZ子の心境が理解出来る私は、Z子の強さに更に感動。

“それに比べ私の弱ぃことといったら...”

自分を恥じつつも、“この後どうなるだ?”の結末追い求め、読み進めること最終ページ。
単純に“よかったねぇ”とは言い難いけど、それでもやっぱり“よかったねぇ”の結末に、私は再度号泣。 ← どんだけ~?

本を閉じて、落ち着きを取り戻すまで約15分。
“平気そぅな人ほど、そぅじゃなぃ?のかも”
と、冷静な意見に
“心の内はセキュリティ要らず”
の名言(自分で言うなって?)を吐く私。

何かを学んだようでいて、そうでなぃような気もする今回の読書。
複雑さは残るものの、なぜだか心地良さが感じられるのは、やっぱり何かを学んだからなのでしょうか?

| | コメント (0)

449/540

かれこれ1ヵ月前からある本に取り組む私。

私の常からすれば、読み始めて2日もすれば大概の本は終了、長くて1週間といぅ中で、この1ヵ月とぃうのは異例の事態。
まぁ今の私からすれば妥当(?)なとこなんだろうけど・・・ (毎回せぃぜぃ10ページ前後だもんね)

それでも、昨夜は以前の私を彷彿とさせる程のHighペースで読み進め、気付けばam3:00.

不眠に悩む暇もなぃ怒涛(?)の3時間は、最近にしてはかなりの有意義Timeとなったのでした♪
ちなみに、あと100ページ程で終了。書籍の紹介は、気が向いたら(つか元気があったら)しなくもなぃ...かも? ← どっちだよ!

| | コメント (0)

2007年5月25日 (金)

18歳の私が好むもの

昨日のブログTitleで思い出した、とある本。
その名も『DEJA DEAD(既死感)』 著/Kathleen Reichs

「死」と「視」を掛けた、ダジャレくさぃTitleとは裏腹に、なかなか読み応えのある内容。
読み進めるほどに高まるドキドキ感とハラハラ感は、まさに“既死感”!?
上/下巻のボリュームを、たった二日で精読するスピード読書に至らしめたこの作品は、当時のMyお気にBooksランキングの上位を飾っていた一冊なのでした。

興味のある人はぜひ一度ご一読あれ♪

20070525_2    (赤)上巻
(青)下巻
200705255
そしてこれは単行本(ハードカバーね)
確か2年くらい後に文庫本でも出たよぅな気が・・・

| | コメント (0)

2006年10月31日 (火)

さようなら こんにちは

いつぞやの Blog でご報告いたしました私の読書本 『 ねじまき鳥クロニクル 』 。

かれこれ 1 ヵ月は経とうかといった今尚それは現在進行形の be going to ~ .

どぅして ? 読む気になれず、第 2 部止まりの中途半端さは尚更私を本から遠ざけることに・・・。
まぁ、はっきし言っておもろくなぃ(正確には私好みでない)のが原因ちゃあゲなんだけど.....なんだかねぇ~。(後味悪ぃよねぇ~)
作者の方には申し訳ないけど、こればっかりは合う合わないがあるからね。いたしかたないよね。

つぅことで、本書は一時保留に、、、代わりに 『 きらきらひかる 』 を読むことにしました♪(切り替え早っ !! )

実はこの本、既に一度読み終え段ボール箱の中で眠っていたところを無理やり ?? 引っ張り出してきたシロモノ。 で、私のお気に入り BEST 10 にランクインするわずか厚さ 5 mm の読み易ぃ本。
著者は江國香織さん(大好きっ♪)で、内容は精神病気味の女性と Gay の男性の結婚生活を綴ったちょっと変わった !? でも心に響くそんな作品。
(ちなみに私はこの作品がきっかけで江國 World にハマりました。)

気軽に読める本なので興味のある人は是非一度ご一読くださいませ。

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

積読

ツンドク

今日の Blog のタイトルはこう読みます。聞いたことない人がほとんどですよね ?
それもそのはず、これは私が大学生時代に教授から教わった言葉なんですから。(つまりその教授の造語というわけね)
文字からある程度想像つくとは思いますが、簡単に説明すると次のようになります。

“本を買ったはいいが読まずにそこかしこに積んで置くこと”

これは先日の Blog を読んだ方なら察しがつくと思いますが、正に今の私が陥っている状況なのですねぇ~ ハィ。(反省)
そして只今の積読対象たる書籍は約 5、6 冊。
あれっ ? それだけ ??
って失礼なことを思ったあなた。私を侮ってはイケません ! これでも学校へ通う前に根性出して 10 冊程度やっつけたんですから !! それでも残っているからあんまり威張れないケド・・・
みなさんは積読なんかせずにちゃんと 1 冊 1 冊を大切に読んでますよね ? (疑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

蛇行読書

 現在、村上春樹さんの『ねじまき鳥クロニクル』を味読中。 ← 正確には通読

 この本、実はかなり前(4、5年前 ? もっと前かも ?? )に購入したにも関わらず、最近になるまで開かれなかった一品。と言っても、それが特別珍しいわけでもなんでもなく、私の部屋にはそんな本が数知れず存在しており、彼らは私の手に取られるのを今か今かと待ってるんですねぇ~。う~~~ん。これぞ KE-NA-GE !!

 そんな play girl な私に選ばれたこの 1 冊。特にこれといった決定打はなく、ただなんとなく手に取ったのが間違いだった・・・。なんと第 1 部~第 3 部まである長編小説だったのです !!(計 3 冊)しかも、ちゃっかりしている私は全巻揃えていた・・・(買ったことすら覚えてなかった)こるなると、読まないわけにはいかず、蛇行運転並みのスピードで読み進めること今現在、第 2 部の後半まで持ってくることができました。が、読んでる最中も頭の片隅には

あぁ~ 早く終わらないかなぁ・・・(溜息)

と、なんとも作者村上さんに失礼極まりない思いが・・・。断っておきますが、面白くないわけじゃ決してないんですよ ? コレほんと。。。

 目標としては今月中に第 2 部を終了させておきたいのですが、それもどうなることやら・・・ ハァ ← やっぱ溜息(笑)

| | コメント (4)